「 真空管ラジオ・ポータブル型 」一覧

真空管ラジオⅢ 外国製ポータブル

真空管ラジオⅢ 外国製ポータブル

外国製真空管ポータブル / AMERICAN PORTABLE TUBE RADIO アメリカ製ポータブルは大きく分けて二つ。 ...

記事を読む

真空管ラジオⅡ 日本製ポータブル

真空管ラジオⅡ 日本製ポータブル

日本製真空管ポータブル / JAPANESE PORTABLE TUBE RADIO ポータブルの欠点 - 壊れると修理大変です、...

記事を読む

EMERSON 838

EMERSON 838

蓋は表から開ける。 このプラスチックは非常に割れやすくツメが折れやすいので開ける箇所を間違えると悲劇。 シャーシは筐体の...

記事を読む

PRIVATE EAR

PRIVATE EAR

存在は知っていたものの実物を見たことがなくずっと興味がありました。 数年前ebayで偶然発見し入手。 全長1...

記事を読む

SILVERTONE No.4212

SILVERTONE No.4212

ラジオとは思えないお洒落な肩掛け鞄型ケース。 昔はトランジスタラジオでも高価だったのでケースやカバーがあったのだが最近のラジオ...

記事を読む

Westinghouse cosmopolitan

Westinghouse cosmopolitan

久しぶりに突っ込みどころの多いラジオがやってきた まず正面を見る。 大きな真鍮製のダイアルが目立つ。 ...

記事を読む

Motorola 53LC3

Motorola 53LC3

筐体はベークライトで灰色の塗装がされている。 左右にダイアルがあり、右が選局、左が音量及び電源。 裏蓋を開けるとA電池2本と...

記事を読む

NATIONAL UB-140

NATIONAL UB-140

まず裏蓋を開けてみる。 時代が新しいのかベークライト基板が使われている。 蓋には金と赤のナショナルのシールが貼ってある。...

記事を読む

NATIONAL 3B-267A

NATIONAL 3B-267A

ケースの右側には2つイヤホーンジャックがあり、プラグを挿すことによって電源が入る仕組み。 その下にあるジャックはアンテナ用。 ...

記事を読む

CROWN PR-530

CROWN PR-530

金色の縁取りと味のあるデザイン、大きさも初期の頃のトランジスタラジオと比べるとそれほど変わらないサイズ。 真空管ポータブルとしては...

記事を読む