NATIONAL UB-140

3

まず裏蓋を開けてみる。

時代が新しいのかベークライト基板が使われている。

蓋には金と赤のナショナルのシールが貼ってある。

ネジ一本外せばシャーシは取り外せる。

真空管のポータブルにしてはシャーシ下側がやけに薄いのであるがそれもそのはず、シャーシ下に来るはずの抵抗やコンデンサー類は全て基板の上に乗っているので下にはなにもない。

単二電池+側のターミナルはバーアンテナに直接挟んで留まっている、こんなんでフェライト棒が割れないのか心配。

基板上は非常にきれいにまとまっている。

裏側は真空管のソケットの部分を除いてシールドされている。

ソケットの部分だけくり抜いてあるのはたぶんシャーシがピン脚に触れるから。

バーアンテナは直接フェライトに巻きつけられていてしかもバラけているように見えるがこれでオリジナルの状態(蝋で固まっているので直し難い)ちょっと雑っぽい。

それにしても部品点数の少ないラジオである。

使用されている部品はバーアンテナと抵抗を除いて全てにナショナルのマークが入っている。


NATIONAL UB-140 回路図

3